Беларуская Гутарня / かたりば・らずもーば

Бясплатны курс па беларускай мове ў Токіа / 東京で活動するベラルーシ語の無料講座のお知らせと活動の記録です

Слова дня/今日のベラルーシ語(2016.05.31)

  • 今日の単語はгорад(ホーラト)。意味は「都市・町」です。

 

f:id:belmova:20160529223512j:plain

ベラルーシ西部の都市フロドナ(гродна)の街並み。

 

第5回目と6回目の講座では、町に関するベラルーシ語の詩を解説しました。

基本的にベラルーシ語で町はгорад(ホーラト)と言います。ただし、講座で取り上げた詩では、町を意味する言葉としてместа(ミェースタ)という語が使われていました。

ベラルーシ語の辞書を引くと、意味はどちらも「町」なのでほぼ同義語だとわかります。辞書にはместаは「口語」とありますから、一般的には広く使われているгорадを使っておけば無難でしょう。

 

ここからはほぼ雑学になります。горадとместаという同義語について、もう少し考えてみましょう。

Горадは、媒体を問わず一般的に使われる語彙です。現地の大学で教わったのもこちらでした。

一方のМестаは、口語のほか文学で広く見られます。特に19世紀から20世紀初頭のベラルーシ詩では、горадよりもこちらの方が良く使われているように思います。

近隣諸国の言語と比べてみると、горадがロシア語のгородとほぼ同じであるのに対して、местаの方はポーランド語のmiasto、ウクライナ語のмісто、リトアニア語のmiestas(意味はいずれも「町」)に似ています。ちなみに、ロシア語にもベラルーシ語のместаと同じ発音のместоという語がありますが、こちらの意味は「場所」になりますね。

 

Горад/местаのような同義語は他にも多くあります。ベラルーシ語は会話や文章にその使い手の個性が強く出る言語です。「町」と言いたいときにгорадを使うかместаを使うかということにも、各人の考え方や趣向が反映されるのでしょう。

なんだかややこしく感じられるかもしれませんが、上に書いたように、基本的にはгорадの方を使っておけば何ら問題ありません。

 

ベラルーシの首都ミンスクにはверхні горад(ヴェールフニ ホーラト:上の町)という地区があります。これはミンスク中心部の高台にある一地区のことで、範囲は異なりますが東京で言うところの「山の手」のようなものかもしれません。

 

f:id:belmova:20160529222924j:plain

Верхні горад。ミンスクでも特に美しい地区の一つですが、なぜかガイドブックにはあまり取り上げられません…

 

 2016.05.31の単語:「都市・町」горад(ホーラト)

 

文責:柴田